ダッシュで奪取

自分用のメモ

【読書メモ】「Linuxの絵本 サーバーOSが楽しくわかる9つの扉」を読んだ

Linuxの絵本 サーバーOSが楽しくわかる9つの扉

Linuxの絵本 サーバーOSが楽しくわかる9つの扉

手に取った理由

  • LPIC の参考書を手に取ってみたのですが、「???」となることが多かったのでもっと簡単な本を探していた

  • 「絵本」なら読めるのでは?

内容

  • Linux の基本的なことを一通りさらう

    • キーワード:標準入出力、パーミッションSSHシェルスクリプトなど

    • 広く浅くまとめているので、ひとつの項目に対する内容は薄め(いきなり詰め込んでもつらくなってしまうため、自分にはありがたかった)

感想

良かった点

  • とにかくサクサク読める!

    • 文字量、1ページに多くても10行ぐらいでしょうか。文字が少ないので読んでいて疲れません。

    • 内容の大半が図やイラストです。勉強苦手なので嬉しい。

    • パッと見ただけで内容がなんとなく見えてくるのは強い。

  • 1項目見開き2ページ

    • 「今日はここまで読もうかな」の区切りが付けやすくて良かったです。

    • 積読族には重要ポイントです。

  • 超初心者向け

    • 他の初心者向けの本も過去に手に取ったのですが、こちらの本の方が文章が少なく、簡単な言葉で書いてあって より初心者向けの内容だと思います。

    • 他の本を読む前にこれを手に取っていたら、もっと理解が早かったのでは……!

微妙な点

  • 後半の内容は、自分には必要ないかなと感じた

    • 管理者用の設定や、GUI ロケールの話などは結構読み飛ばしてしまった

    • 個人の意見なので、必要な人には必要な内容なのだと思います。

メモ

  • 「1番最初の本」としては間違いないです!

  • 他の本で挫折してしまった、よく分からない内容があった、という場合もおすすめです。

  • 他にも色々なシリーズが出ているみたいなので、そちらも読んでみようと思います。

【読書メモ】「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」を読んだ

手に取った理由

  • AWS アレルギーを克服したい!

  • 自分のレベル感:コンソールでボタン1つ押すのすら怖い、AWS?めっちゃ課金されたりするって聞いたことがありますよ 怖い……

内容

  • AWS 上で、WordPress を動かすところまでハンズオン

  • ネットワーク周りの話もちょこっと

    • 自分が行った作業と関連付けてくれているので、説明が頭に入ってきやすい

    • 本当にちょこっとなので、ちゃんと勉強したければ別途専用の本を買おう

感想

良かった点

  • ハンズオンパートは、手取り足取り

    • とにかく「書かれている通りに操作すれば良い」のがありがたかったです!まだ自分で考えて構築するという領域にまで全然達せていないので。

    • 操作箇所をスクショで示してくれているのも良かったです。

    • 仕事で使う手順書などでは細かい部分が省かれていて、初めてボタンを押すときは必要以上に不安になったりしました。

    • が、この本では「次へ進むボタンを押します」まで手順に含めてくれているので、不安になることがないと思います。このボタン押して良いのね!が明確な安心感。

    • 「これは使い終わったら削除しましょう」も書いてありました。課金怖かったので助かりました。

  • サクサク読める

    • 手を動かすパート & スクショ画像が大半のためサクサク進み、積読になりにくいのではないかと思います。

    • 1章ずつ読んでいたのですが、各章の文量も少なめで読みやすかったです。自分はさらさら読んで 1章30分 ぐらいでした。

  • 初心者向け!

    • SSH 正直よく分かってない!踏み台サーバーって何?レベルの知識でしたが、概念をほんのり理解できました。

    • よく分からないまま仕事で使っていたので、これは嬉しかったです。

  • 今何をやっているのかが明確

    • 作業していると、「自分は今何をしているんだっけ?」ということが多々あるのではないかと思います。自分はあります。

    • 何かをするときは「これを作りますよ」、終わったら「今作ったものはこんな感じになっていますよ」の解説が入るので、自分が何をしているのか意識しながら作業できました。

微妙な点

  • 細かい説明は省かれているので、応用は効かなさそう

    • 本当に「AWS触ってみようぜ!」という部分に特化しているため、自分で設定できる人、仕事でちょっと触ったことあるよという人には得るものがあまりないと思います。

    • WordPress の起動までを最短距離で進むので、他のサービスや設定項目等の解説はほぼありません。ここを知りたければ、別の本で補う必要があります。

  • 本の構成が、ちょっと読みづらい

    • 次のページにある解説に対応した画像が、前のページに載っていたりすることがあり何度か迷子になりました。

    • 画像が大きいので、規定のページ内に収めるためには仕方ないのかな 慣れてきたら大丈夫でしたが……

メモ

  • 入門書ですらなんか難しいぜ!という人にはめちゃくちゃおすすめです。具体的に言うと自分です。

  • 積読族なので、1冊読了できた!という成功体験が得られたのも良かったです。この調子で崩していこう。

【作成中】あつ森アイテムチェッカー作った

f:id:kyoruni:20200814222855p:plain

カタログ埋めたい人なので、自分用に↑こんな感じのチェックリストを作成しました。

特に壁・床・傘あたりは何を所有しているのか忘れがちなので、手元でサッと確認したいな〜とずっと思っていました!

似たようなものは結構ありましたが(スプレッドシートになっているもの、画像付きのものなどなど)、所有状況だけ確認できれば良かったので画像は不要だし、Switchで遊んでいる時はPCを閉じていて、スマホでスプレッドシートはちょっと見にくい……なら自分で作ればいいじゃない。

まだ全てのデータを入れることはできていませんが、隙を見てちょこちょこ追加しています。結構すごい量&最近仕事の方が結構忙しくてやや停滞気味ですが、頑張ります。

自分の趣味&勉強用に作ったものなので、突然仕様が変わったり消えたりするかもしれませんが……それまでよろしければ触っていただけると嬉しいです!

kyoruni.github.io


今後やりたいこと

  • 持っていないアイテムだけワンクリックで表示

  • 所有率を%表示(自分で見てニヤニヤするため)

【Rails】Railsはじめから:プロジェクト作成できずに詰まった

最近サーバーサイド全然触っていないな……と思ったので、CRUDアプリを作りながら復習です。

軽い気持ちで始めたら、最初からめちゃくちゃ詰まってしまいました。

環境
  • Ruby 2.7.1

  • Rails 6.0.3.2

目次

  1. プロジェクト作成
  2. DB作成
  3. DB作成(2回目)
  4. DB作成(3回目)
  5. 参考URL

1. プロジェクト作成

  • 今まで Rails 5 使っていましたが、せっかくなので最新版で遊んでみます!

    • プロジェクト名 「rails-crud」 、MySQLで作成
$ rails new rails-crud -d mysql

2. DB作成

$ rake db:create
  • ここで盛大に怒られる……セグメンテーションエラー?
/Users/UserName/.anyenv/envs/rbenv/versions/2.7.1/lib/ruby/gems/2.7.0/gems/mysql2-0.5.3/lib/mysql2/client.rb:90: [BUG] Segmentation fault at 0x0000000000000000

[IMPORTANT]
Don't forget to include the Crash Report log file under
DiagnosticReports directory in bug reports.

3. DB作成(2回目)

  • 一旦 gem をアンインストール
$ bundle exec gem uninstall mysql2
$ bundle config --local build.mysql2 "--with-ldflags=-L/usr/local/opt/openssl/lib"
  • Gemfile に mysql2 追記
# Use mysql as the database for Active Record
gem 'mysql2', '>= 0.5.3'
  • もう一回インストール
$ bundle install

4. DB作成(3回目)

  • 別のエラーになった
Library not loaded: /usr/local/opt/openssl/lib/libssl.1.0.0.dylib
  • こちら を参考に

    • openssl インストールし直してみる
$ brew install openssl
  • openssl パッケージのバージョンを 1.0.2s に切り替える
$ brew switch openssl 1.0.2s

Cleaning /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2s
Opt link created for /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2s
  • できた!

  • rails s でローカルのサーバーも立った(良かった……)

$ rake db:create
Created database 'rails_crud_development'
Created database 'rails_crud_test'

5. 参考URL

【Vue.js】Vuetifyを使ったプロジェクトで、scssがビルドできない

目次

  1. 事象
  2. 解決方法
  3. 参考URL

1. 事象

  • Vuetify で遊んでいたプロジェクトで、scss ファイルを使おうとしたら下記のエラーになる
SassError: semicolons aren't allowed in the indented syntax.
  • セミコロンが使えないのかな?と思い外してみると、また別のエラーになる
ValidationError: Invalid options object. Sass Loader has been initialized using an options object that does not match the API schema.
環境
  • Vue.js 2.6.11

  • Vue CLI 4.4.1

  • Vuetify 2.2.32

  • Vuetify-loader 1.4.4

2. 解決方法

  • scss ファイルはこんな感じにしています
src
├── assets
│   └── scss
│     ├── main.scss
│     └── _variables.scss
│
vue.config.js
scss とは別に、sass ファイルを読み込む記述を追加
  • sass ファイルの方はセミコロンなし
module.exports = {
  css: {
    loaderOptions: {
      sass: {
        prependData: `@import "@/assets/scss/main.sass"`
      },
      scss: {
        prependData: `@import "@/assets/scss/main.scss";`
      }
    }
  },
  "transpileDependencies": [
    "vuetify"
  ]
}
src/assets/scss/main.sass
  • 中身が空っぽのファイルを作る

  • これでビルドが通る → ヤッター

3. 参考URL